図書だより

がん体験者との対話から始まる就労支援 看護師とがん相談支援センターの事例から NEW

がん体験者との対話から始まる就労支援 看護師とがん相談支援センターの事例から イメージ
  • 発行日
    2017年2月
  • データ
    A5 180ページ
  • 出版社
    日本看護協会出版会

編集/小迫冨美恵(横浜市立市民病院 がん専門相談員/がん看護専門看護師)

   清水奈緒美(神奈川県立がんセンター がん専門相談員/がん看護専門看護師)

序章 がん体験者の語りと就労支援のつながり
 1.がん相談支援センターにおける患者との対話
 2.就労相談のニードにアンテナを高くし、治療と仕事の調整を支援する
 3.患者自身が意向を表出し行動することを支援する
 4.法規・制度を知る
 5.労働の専門家との協働を視野に入れてかかわる
 6.患者の語りから就労支援は始まる

1章 がん体験者の就労支援の現状
 1.がん患者の就労をめぐる国の動向とがん診療連携拠点病院の
   相談支援体制
 2.就労支援の現状からみえるもの

2章 看護師に求められる就労支援とは
 1.看護とがん患者の就労(仕事)
 2.患者にとってのがんと仕事
 3.就労支援につながる看護ケア

3章 就労支援に必要な知識
 1.労働にまつわる法律(労働法)
 2.お金や医療保険にまつわる制度
 3.さまざまな相談窓口

4章 がん相談支援センターの就労相談と連携
Ⅰ がん相談支援センターにおける就労相談
 1.がん相談支援センターとは
 2.相談の実際
 3.外部との調整、他職種・部門との連携
Ⅱ 連携のこれから:産業医、職場との連携
 1.治療と仕事の両立への支援に向けた連携のあり方
 2.支援の実際のポイント
 3.治療時期に応じた連携のあり方

5章 がんの局面ごとの支援のポイント
Ⅰ がんサバイバーシップと就労支援
 
Ⅱ 診断時の支援
 
Ⅲ 治療期の支援:化学療法(外来化学療法室)

Ⅳ 治療期の支援:放射線療法(放射線治療室)

Ⅴ 治療期の支援:手術療法 

Ⅵ 治療期の支援:緩和ケア

6章 小児がん経験者の就労支援
 1.小児がん経験者が直面する就労の課題
 2.小児がん経験者の就労支援のあり方

7章 事例からみる がん体験者の就労支援
CASE 1 「病名告知時」の仕事への支援
 混乱に寄り添い情報を整理する
CASE 2 「化学療法開始時」における仕事の検討
 抗がん剤治療による仕事への影響が心配
CASE 3 「化学療法」における仕事の検討
 早まった退職判断を再検討して復職
     他8項目


トップへ