図書だより

これからの保健医療福祉行政論 第2版 地域づくりを推進する保健師活動

これからの保健医療福祉行政論 第2版 地域づくりを推進する保健師活動 イメージ
  • 発行日
    2014年11月
  • データ
    B5判 288頁
  • 出版社
    日本看護協会出版会

執筆・編集/星旦二(首都大学東京都市環境学部 大学院教授)

      麻原きよみ(聖路加国際大学看護学部 教授)

第Ⅰ章 保健医療福祉行政の法的基盤とその目標
 1 保健医療福祉行政の法的基盤
 2 保健医療福祉行政の目標と理念

第Ⅱ章 保健医療福祉行政と公衆衛生の専門職としての保健師の役割
 1 公衆衛生の専門職としての保健師

 2 行政における保健師の役割  
 3 行政における保健師の保健活動と期待される役割
 4 保健師活動の特徴 
 
第Ⅲ章 保健医療福祉の地域づくりを推進する行政のしくみと機能
 1 保健医療福祉活動を推進する行政のしくみと機能 
 2 保健医療福祉行政の歴史と変遷 
 3 保健医療福祉財政のしくみ
 4 公衆衛生行政のしくみと機能
 5 地域保健の機能 
 6 保健医療福祉の計画・実施・評価

第Ⅳ章 保健師が担う政策化のプロセスと方法論
 1 政策のためのPDCAサイクル
 2 行政組織の特徴と意思決定過程
 3 地域づくりの方法論

第Ⅴ章 保健医療福祉の地域づくりを推進する保健師活動の実際
 1 当事者とのパートナーシップを基盤にした障がい者支援
 2 生活保護受給者・家族への支援とその体制整備
 3 ヘルスプロモーションの理念に基づく健康な地域づくり

第Ⅵ章 国際保健と保健師活動
 1)はじめに
 2)国際連合関連機関による国際保健活動
 3)理念の変遷
 4)保健医療分野の国際協力
 5)政府開発援助(Official Development Assistance;ODA)


トップへ