図書だより

セルフ・エフィカシーの臨床心理学

セルフ・エフィカシーの臨床心理学 イメージ
  • 発行日
    2002年8月
  • データ
    A5判 259ページ
  • 出版社
    北大路書房

編著/坂野雄二(北海道医療大学心理科学部 教授・教育学博士)

   前田基成(女子美術大学芸術学部 教授)

第Ⅰ部 セルフ・エフィカシーの理論を探る

1章 人間行動とセルフ・エフィカシー

 

2章 医療現場におけるセルフ・エフィカシー

 

3章 教育相談場面におけるセルフ・エフィカシー

 

4章 セルフ・エフィカシーと動機づけ

 

5章 セルフ・エフィカシーの評価

 

 

第Ⅱ部 セルフ・エフィカシーの実際を探る

6章 不安のマネジメント

 

7章 抑うつ気分の解消

 

8章 摂食障害とセルフ・エフィカシー

 

9章 ストレス管理

 

10章 糖尿病患者の自己管理

 

11章 人工透析患者の自己管理

 

12章 看護行為

 

13章 看護教育

 

14章 リハビリテーション

 

15章 社会的スキルの獲得

 

16章 子どもの問題行動

 

17章 学業達成の援助

 

18章 職業指導

 

19章 運動アドヒレンス-身体活動・運動の促進-

 

20章 高齢者の転倒と運動

 


トップへ