図書だより

はじめての タクティールケア 手で“触れて”痛み・苦しみを緩和する

はじめての タクティールケア 手で“触れて”痛み・苦しみを緩和する イメージ
  • 発行日
    2016年11月
  • データ
    A4変 128ページ
  • 出版社
    日本看護協会出版会

総監修/木本明恵(シルヴィアホーム認定インストラクター)

口絵 タクティールケアで実現するいきいきライフ

 

ダイジェスト版 背中・手・足のタクティールケア

 

第1章 タクティールケアの意義
 タクティールケアで地域・在宅のナースができること

 

第2章 医師から見たタクティールケアの可能性
 難病や障害をもつ子どもへのケアにおけるタクティールケアの可能性
 認知症ケアにおけるタクティールケアの意義と展開

 

第3章 タクティールケアの基礎知識
 背中・手・足のタクティールケアの手技
 腹部・顔・頭のタクティールケア
 〈Column〉10のQ&Aで学ぶタクティールケアのコツ

 

第4章 タクティールケアを実践してみて
 [救命救急病棟]急性期でのタクティールケアの驚くべき効果
 [小児科]タクティールケアで重症児たちがリラックスできる
 [高次脳機能障害専門クリニック]障害をもつ患者の“できない”より“できる”を見つけるケア
 [精神科病棟]タクティールケアは“身体的接触”のコミュニケーション技法
 [精神科訪問看護]タクティールケアでその人本来の穏やかさが戻った
 [訪問看護]信頼関係を築き、症状緩和を行うための強い味方
 [訪問看護]タクティールケアを通して看護の原点を伝えていく
 [訪問看護]訪問リハビリテーションに効果的な誰でもどこでも使えるケア
 [高齢者ケア施設]認知症緩和ケア理念に基づいた1つの手法として
 [高齢者ケア施設]人として“触れ合い”を大切にしてケアに当たる
 [鍼灸]看護師として鍼灸師として生かすタクティールケア
 [看護師・患者としての感想]関節リウマチになった看護師としてタクティールケアに思うこと
 [グループインタビュー]利用者だけでなく、スタッフたちをも変えた“触れる”ケア
 〈Column〉タクティールケアがもたらす力を実感した事例

 

特別寄稿 ケアにおける“手”の有用性

 

付録 タクティールケア・認知症緩和ケア理念 講座受講ガイド


トップへ