図書だより

ナーシングマッサージ入門 日々のケアにプラスして患者の安楽性を促す

ナーシングマッサージ入門 日々のケアにプラスして患者の安楽性を促す イメージ
  • 発行日
    2016年12月
  • データ
    B5変型 160ページ
  • 出版社
    日本看護協会出版会

編集/小板橋喜久代(京都橘大学看護学部 教授・看護師)

   河内香久子(治療室シーズ 院長・鍼師・灸師、あん摩マッサージ指圧師、看護師)

   福田彩子(はり・きゅう・マッサージnui 院長・鍼師・灸師、あん摩マッサージ指圧師、看護師)

Part 1 総論:ナーシングマッサージと東洋医学の基礎知識および基本手技
1 ナーシングマッサージを看護に活用する
2 東洋医学の基本的な考え方
3 ナーシングマッサージに指圧・マッサージの手技を活用する
4 ナーシングマッサージにかかわるリスク

 

Part 2 基礎技術編:看護の日常生活支援に活用する
1 呼吸を調える
2 モーニングケア
3 食欲を調える
4 排泄を調える
5 皮膚のはたらきを調える
6 ポジションを調える
7 イブニングケア

 

Part 3 臨床への適用―こんな場面で活用できる事例紹介
1 身動きできないつらさがみられるとき
2 吐き気があるとき
3 疲労感や倦怠感があるとき
4 尿が出にくいとき
5 眠れないとき
6 化学療法の副作用により気力・免疫力が低下しているとき
7 がん終末期の苦痛があるとき
8 在宅ケアの場面
9 認知症のある人へのケア
10 妊婦・褥婦へのケア
11 子どもへのケア
12 わずかな時間でも心身を癒す

 

資料
指圧マッサージを使ったケアの実践報告・研究/経絡図/本書に出てくる経穴(ツボ)


トップへ