図書だより

教員・訪問看護師・学生すべてが活用できる 在宅看護の実習ガイド 事例とSTEPで可視化・言語化する

教員・訪問看護師・学生すべてが活用できる 在宅看護の実習ガイド 事例とSTEPで可視化・言語化する イメージ
  • 発行日
    2017年3月
  • データ
    A4変 188ページ
  • 出版社
    日本看護協会出版会

編集/清水準一(首都大学東京 准教授)

   柏木聖代(横浜市立大学 教授)

   川村佐和子(聖隷クリストファー大学 教授)

口絵 [課題の整理]イラストで見る“よい実習”はここが違う!
[口絵のイラストを描いてみて]

 

第1章 [総論]深い学びを得る“在宅看護”実習がこれからの社会に貢献する

 

第2章 [座談会]よりよい“在宅看護”実習にするために――訪問看護の現場から

 

第3章 [“現場の声”を聞いて]現場との密な連携をめざして――教育機関の立場から

千葉大学看護学部
現場との連携を重視した“在宅看護”看護実習の展開――“新卒訪問看護師”の育成まで見据えて

横浜市立大学医学部看護学科
“現場の声”であらためて思う“在宅看護”実習の3つの留意点

順天堂大学保健看護学部
医療モデルから生活モデルに焦点を当てた“在宅看護”実習の展開

石川県立看護大学地域・在宅・精神看護学講座
“現場の声”を参考にしてよりよい“在宅看護”実習をめざす

高知県立大学看護学部
実習指導者と教員の深いつながりが“在宅看護”実習を進化させる

 

第4章 [報告]さまざまな“在宅看護”実習の現場

獨協医科大学看護学部
“多様な地域差”を活用してさまざまな経験ができる実習を実践

東邦大学看護学部
療養者の思いや望み、行われている看護の意味を考え、「言葉」にする実習をめざす

東京工科大学医療保健学部看護学科
比較的ゆとりの持てる臨地実習で看護計画の立案に重点を置く

共立女子大学看護学部
学びの「言語化」と地域看護の基礎を体験する実践的な実習

首都大学東京健康福祉学部看護学科
“首都”東京の多彩な事業所で学修を深め合う“在宅看護”実習

新潟医療福祉大学健康科学部看護学科
さまざまな課題を抱える中、学生の“学びの多さ”が支えとなる

     他5項目

 

第5章 [展望]新たな実習形態へのチャレンジ

看護小規模多機能型居宅介護 まいほーむ北千住
訪問看護にはない“線”の視点を“看護小規模多機能型居宅介護”で学ぶ

公益財団日本訪問看護財団立 在宅ケアセンターひなたぼっこ
数少ない“療養通所介護”での実習で学生は訪問看護との連携を学ぶ

滋賀医科大学医学部看護学科
新卒訪問看護師育成のための教育プログラムを開発――訪問看護師コース(選択制)を設置

大阪府立大学地域保健学域看護学類
「ルーブリック自己評価表」を使用して“在宅看護”実習の目的・目標が明確に

     他2項目

 

第6章 [解説]“在宅看護”実習を可視化・言語化する4つのSTEP

[Column①]「在宅看護教育研究会」の取り組みと在宅看護・訪問看護の“学び”
[Column②]新卒訪問看護師の就業と育成に取り組む「きらきら訪問ナース研究会」
[Column③]全ての領域の教員が一丸となって取り組む学部教育改革と在宅ケアマインドの養成


トップへ