図書だより

家族看護を基盤とした 在宅看護論 Ⅰ概論編 第3版

家族看護を基盤とした 在宅看護論 Ⅰ概論編 第3版 イメージ
  • 発行日
    2014年10月
  • データ
    B5判 364頁
  • 出版社
    日本看護協会出版会

監修/渡辺裕子(元・家族ケア研究所)

序 章 在宅看護とは何か

第1部 在宅看護の歴史と特性
 第1章 在宅看護はどのように発展してきたか
 第2章 在宅看護システムと活動の現状

第2部 一単位の家族を対象とした在宅看護過程を学ぶ
 第3章 家族の理解と家族を対象とした在宅看護過程

第3部 対象の理解と在宅看護のポイント
 第4章 療養者を介護する家族の理解と在宅における家族支援のポイント
 第5章 療養者の理解と在宅看護のポイント

第3部 地域社会の理解と在宅ケアシステム
 第6章 地域社会を理解する
 第7章 在宅ケアシステム


トップへ