図書だより

ナーシンググラフィカ 在宅看護論 地域療養を支えるケア

ナーシンググラフィカ 在宅看護論 地域療養を支えるケア イメージ
  • 発行日
    2013年10月
  • データ
    A4変型判
  • 出版社
    メディカ出版

編者/櫻井 尚子(東京慈恵会医科大学 大学院医学研究科 教授)

渡部 月子(神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部准 教授)

臺 有桂 (横浜市立大学 医学部看護学科 教授)

・はじめに

・本書の特徴

1 在宅看護の概念

●1 地域療養を支える看護

●2 日本の在宅看護の歴史と現状

  (他2項目)

 

2 在宅療養者と家族の支援

●1 在宅療養を必要とする人たち

●2 在宅療養の成立条件

  (他3項目)

 

3 在宅療養を支える看護

●1 訪問看護の特徴

●2 在宅ケアを支える訪問看護ステーション

  (他3項目)

 

4在宅ケアの連携とマネジメント

●1 地域包括ケアシステムと在宅ケア

●2 ケアマネジメントと看護

  (他2項目)

 

5 在宅ケアを支える制度と社会資源

●1 社会資源の活用

●2 在宅ケアを支える医療保険制度

  (他5項目)

 

6 事例にみる在宅看護

●1 在宅での生活を希望する脳卒中後遺症のある高齢者

●2 感染症が疑われる在宅酸素療法中の療養者

  (他6項目)


7 在宅における援助技術

●1 食の援助

●2 清潔の援助

●3 移動の援助

  (他5項目)

 

●コラム

● 在宅医療連携拠点事業の先駆的活動 -暮らしの保健室

●付録 やってみよう! 訪問看護演習

●6章 設問解答・解説

●看護師国家試験出題基準(平成22年版)対照表

●保健師国家試験出題基準(平成22年版)対照表

●索引


トップへ