図書だより

新人・学生の思考力を伸ばす指導

新人・学生の思考力を伸ばす指導 イメージ
  • 発行日
    2017年6月
  • データ
    B5 152ページ
  • 出版社
    日本看護協会出版会

著者/阿部幸恵(東京医科大学医学部看護学科/大学病院シミュレーションセンター 教授)

■第1章 指導者が押さえておきたい基本
1.「教育」や「指導」を看護風に考えてみる
 1)「看護」と「教育/指導」はよく似ている
 2)「教育」「指導」「学習」の意味
2.学習者中心の教育へ:アクティブラーニング
3.阿部流「指導者の心構え」
4.OJTとOff-JTの違い:看護師になってからの学び方
 

 

■第2章 指導の要:レディネスの把握と目標立案
1.効果的な指導の要①:レディネスの把握
2.効果的な指導の要②:目標立案            
 

 

■第3章 看護行為に至る思考の流れ~自分の頭で考え実践できるために
1.「業務」と「看護」を切り離さない
2.看護師の思考過程
3.看護行為に至る思考の流れ

 

■第4章  「看護行為に至る思考の流れ」を強化する臨床(OJT)での指導
1.OJTでの指導を学ぶ前に確認しておきたいこと
2.仕事を通しての指導 

 

■第5章  学習者の主体的な参加を促す研修や授業(Off-JT)での指導
1.Off-JTでの指導を学ぶ前に確認しておきたいこと
2.研修の進め方
3.アクティブラーニングを引き出す方法

 

■第6章  OJTとOff‐JTでの評価
1.学習者を評価するために心得ておくこと
2.評価のしくみ
3.さまざまな評価方法

 

【コラム】
*門前の小僧、習わぬ経を読む
*生涯学習の重要性~指導者や教員も成長する
*人は成長するもの~さなぎが蝶になるように 
【豆知識】
*「発問」と「質問」
*期待すれば伸びる!「ピグマリオン効果」
*「目的」と「目標」
*クリスティーン・タナーの臨床判断モデル
*OJTの対象は?
*坊主憎けりゃ袈裟まで憎い!「ハロー効果」


トップへ