図書だより

看護実践にいかす エンド・オブ・ライフケア 第2版

看護実践にいかす エンド・オブ・ライフケア 第2版 イメージ
  • 発行日
    2018年6月
  • データ
    B5 272ページ
  • 出版社
    日本看護協会出版会

編集/長江弘子(東京女子医科大学看護学部 教授、日本エンドオブライフケア学会 副理事長)

理論編


第1章 生活文化に即したエンド・オブ・ライフケア
1エンド・オブ・ライフケアとは
2エンド・オブ・ライフケアとgood deathの概念
3地域包括ケアシステムとエンド・オブ・ライフケア

 

第2章 エンド・オブ・ライフケアが必要とされる日本の社会的背景
1死生観を基盤としたエンド・オブ・ライフケア構築のために
2エンド・オブ・ライフケアに関する生命倫理的課題:安楽死と尊厳死を中心に
3エンド・オブ・ライフケアに関連した社会状況と医療制度
4当事者への接近とコミュニティへのまなざし
5今求められるエンド・オブ・ライフケア:社会を変える、社会が変える
6日本および世界におけるエンド・オブ・ライフケア研究の動向

 

第3章 エンド・オブ・ライフケアのプロセスとしての意思決定支援
1アドバンス・ケア・プランニングの基本的考え方と日本における展開
2アドバンス・ケア・プランニングを行ううえでの倫理的課題への取り組み
3アドバンス・ケア・プランニングの実践モデル:意思決定支援の3本柱
4意思決定支援とヘルスリテラシー
5アドバンス・ケア・プランニングにおける看護師の役割

 

 

実践編

 

第1章 エンド・オブ・ライフケア実践のための看護アプローチ
1看護実践においてエンド・オブ・ライフケアを必要とする場面
2エンド・オブ・ライフケアにおける看護実践の構成要素

 

第2章 疾患の特性を踏まえたエンド・オブ・ライフケア
1病いの軌跡
2終末期の苦痛と緩和について

 

第3章 病いとともに生きる人のエンド・オブ・ライフへのアプローチ
1がんとともに生きる人と家族へのエンド・オブ・ライフケア
2呼吸器疾患とともに生きる人と家族へのエンド・オブ・ライフケア
3心不全とともに生きる人と家族へのエンド・オブ・ライフケア
4腎不全とともに生きる人と家族へのエンド・オブ・ライフケア
5認知症とともに生きる人と家族へのエンド・オブ・ライフケア
6神経難病とともに生きる人と家族へのエンド・オブ・ライフケア

 

第4章 子どもや高齢者のエンド・オブ・ライフへのアプローチ
1病いとともに生きる子どもと家族へのエンド・オブ・ライフケア
A:NICUで重篤な疾患とともに生きる子どもと家族へのエンド・オブ・ライフケア
B:がんとともに生きる子どもと家族へのエンド・オブ・ライフケア
2老いとともに生きる人と家族へのエンド・オブ・ライフケア
A:施設での看取りにおけるエンド・オブ・ライフケア
B:在宅での看取りにおけるエンド・オブ・ライフケア
C:救急搬送された高齢者と家族へのエンド・オブ・ライフケア

 

第5章 エンド・オブ・ライフケアを支える地域づくり
1住民の主体性からうまれる支え合いのまちづくり
2生と死を学ぶ場づくりとしてのエンド・オブ・ライフケア
3専門職のつながりによるエンド・オブ・ライフケアを支える基盤づくり


トップへ