図書だより

看護必要度 第6版

看護必要度 第6版 イメージ
  • 発行日
    2016年6月
  • データ
    B5判 316ページ
  • 出版社
    日本看護協会出版会

監修/岩澤和子

   筒井孝子(兵庫県立大学大学院経営研究科)

第1章「看護必要度」の開発
Ⅰ 「看護必要度」の開発研究と医療保険制度への利活用
Ⅱ 「看護必要度」の応用としての「重症度・看護必要度」基準の開発から新たな評価指標としての「重症度,医療・看護必要度」へ
Ⅲ 回復期リハビリテーション病棟における「看護必要度」の活用

 

 

2章「看護必要度」と政策動向
Ⅰ診療報酬と「看護必要度」
Ⅱ 「地域包括ケアシステムにおける地域連携」と「重症度,医療・看護必要度」

 

 

第3章「看護必要度」を評価するための項目
Ⅰ アセスメントにおける「看護必要度」の考え方
Ⅱ 「看護必要度」 (Ver.6) のチェック項目と選択肢
Ⅲ 「看護必要度 (Ver.6) チェック票」評価の手引き
Ⅳ 各「評価票」の評価項目とその配点

 

 

第4章「看護必要度」の評価者養成
Ⅰ 評価者養成の重要性
Ⅱ 「看護必要度」院内導入時研修の実際
Ⅲ 「看護必要度」院内導入後,評価の信頼性を維持するための方策
Ⅳ 全国で実施された「看護必要度」研修の実際と今後の課題

 

 

第5章「看護必要度」と記録
Ⅰ 「看護必要度」の評価における看護記録のあり方
Ⅱ「看護必要度」と看護記録


トップへ