図書だより

看護教育を創る授業デザイン 教えることの基本となるもの

看護教育を創る授業デザイン 教えることの基本となるもの イメージ
  • 発行日
    2011年8月
  • データ
    B5判 160ページ
  • 出版社
    メヂカルフレンド社

著者/目黒 悟( 藤沢市教育文化センター 主任研究員)

第1章 授業デザインを始める前に
  1.何が授業で何がそうでないか ~ What it is, and what it is not? ~
  2.自分のなかに「授業観」を育てるために ~相互性の関係についてもっと理解を深めておこう~
  3.授業における経験の意味 ~学んでほしいことと学ばれることは一緒じゃない?!~

 


第2章 授業デザインに取り組んでみよう
  1.授業デザインの6つの構成要素とは ~授業設計から授業デザインへ~
  2.6つの構成要素による授業デザインの進め方 ~自分の実現したい授業の方向を明確にしよう!~
  3.大事なことは書き方じゃなくて考え方!! ~互いに関連し合ってこその6つの構成要素~

 


第3章 授業デザインを深めるために
  1.ねがいの明確化 ~「この私」が学習者の前に立つことの意味~
  2.目標の具体化 ~目標達成の呪縛を超えて~
  3.学習者の実態把握 ~私たちは誰と授業をするのかな?~
  4.教材の研究 ~内容がないようじゃ、ちょっとね~
  5.教授方略の検討 ~授業にするためにはどんな手立てが必要かな?~
  6.学習環境・条件の意識化 ~「世界」が教育する?! ~
  7.指導案は捨てるもの?! ~目の前の学習者と授業をするために~

 


第4章 生きて動いている授業のデザイン
  1.授業デザインは終わらない ~授業リフレクションをとおして見えてくるもの~
  2.実現したい授業の方向の明確化が「講義」を変える ~授業研究と授業デザイン~
  3.臨場感・切実感が「演習」を変える ~学びを拓く経験の場のデザイン~
  4.「臨地実習」をデザインする ~今、ここで起きていることを大切にするために~
  5.「院内研修」を変える ~自分の経験に学ぶ場のデザイン~

 


第5章 授業デザインとカリキュラム
  1.カリキュラムとは ~学びの履歴を紡ぐということ~
  2.カリキュラム編成からカリキュラム創造へ ~教えることの基本となるもの~


トップへ