図書だより

わかる・できる・使える 訪問看護のためのICT ケアの質向上/業務の効率化/多職種連携を実現する

わかる・できる・使える 訪問看護のためのICT ケアの質向上/業務の効率化/多職種連携を実現する イメージ
  • 発行日
    2019年2月
  • データ
    B5 142ページ
  • 出版社
    日本看護協会出版会

編集/一社)全国訪問看護事業協会

■1章 訪問看護ステーションにおけるICT化の方向性

■2章 ICTで実現できる8つのこと
①報酬請求・書類の電子化
②ホームページによる訪問看護ステーションのPR(看護師募集・採用、地域の医療・介護関係者、地域の住民)
③訪問看護関連情報の収集
④訪問看護記録等の電子データ化
⑤電子化した情報の共有・活用(ステーション内の連携への活用)
⑥訪問看護実績のデータ化
⑦地域の関係機関との連携
⑧ICTを活用した経営分析

■3章 訪問看護ステーションでのICT導入・活用の実際
・訪問看護ステーションでのICT導入の流れ
・地域での情報共有・多職種連携でICTを活用する

■4章 ICTシステムガイド/導入事例
株式会社アポロシステム
東邦ホールディングス株式会社
株式会社eWeLL
いきいきメディケアサポート株式会社
株式会社カーネル
株式会社コンダクト
セントワークス株式会社
株式会社日本ケアコミュニケーションズ
株式会社プラスワン
株式会社ライフウェア
株式会社ワイズマン

■5章 訪問看護ステーションの自己評価システム
・「訪問看護ステーションの自己評価システム(Web版)」の概要
・「訪問看護ステーションの自己評価システム(Web版)」の活用事例

■6章 訪問看護ステーションのためのICT用語集

■TOPICS
・医療分野のICT化の動きと訪問看護への期待
・ICT化へのハードルをどう乗り越えるか
・ICT活用のルール、セキュリティ対策
・ICTをマネジメント・経営力の強化に生かす


トップへ