図書だより

訪問看護師ががんになって知った「生」と「死」のゆらぎ

訪問看護師ががんになって知った「生」と「死」のゆらぎ イメージ
  • 発行日
    2017年1月
  • データ
    四六 296ページ
  • 出版社
    日本看護協会出版会

著者/川越博美(聖路加国際大学 臨床教授)

第1章 患者になって考えた
 人生の危機は突然に
 与えられた命を精一杯生きる
 闘病生活を支えてくれた存在
 患者として思ったこと
 がん患者の経験を通して

 

第2章 訪問看護の現場で考えた①「最期まで家で過ごす」を支える
 訪問看護事業の始まり
 在宅療養を支える24時間ケア
 訪問看護師の使命
 「解放に導く」看護師の働き
 「真実を分かち合う」大切さ
 「節度ある医療」が尊厳を守る
 末期がん患者のケアマネジメント―-高齢者の自立支援のケアマネジメントとの違い
 一人暮らしの最期を看取る
 在宅で看取るということ
 「訪問看護パリアン」の一日

 

第3章 訪問看護の現場で考えた②在宅ケアは家族ケア
 私の介護経験①義母を看取る
 私の介護経験②実母を看取る
 家族との接し方
 見えない家族
 「悲しみをともに悲しむ」遺族ケア

 

第4章 これからの在宅ケアを考える①連携の現状に感じるもどかしさ
 退院時のタイムラグ
 退院支援で重要なこと
 「病気を治すための医療」からのパラダイムシフト

 

第5章 これからの在宅ケアを考える②誰もが家で老いて死ねるまちに
 在宅緩和ケアを担う訪問看護ステーションの実現
 在宅緩和ケアで求められるチーム像
 「家で死ねるまちづくり」


トップへ