図書だより

診療報酬・介護報酬のしくみと考え方 改定の意図を知り看護管理に活かす

診療報酬・介護報酬のしくみと考え方 改定の意図を知り看護管理に活かす イメージ
  • 発行日
    2013年6月
  • データ
    B5判 168頁
  • 出版社
    日本看護協会出版会

編者/福井トシ子(公益社団法人日本看護協会常任理事)

   齋藤訓子 (公益社団法人日本看護協会常任理事)


<序章>  なぜ、診療報酬・介護報酬を学ぶのか  

<第1章> 診療報酬・介護報酬のしくみと考え方

    社会保険のしくみと考え方

    保健・医療・福祉の違い

    医療保険のしくみと考え方

    保険診療の中身と範囲

    介護保険のしくみと考え方

    診療報酬のしくみと考え方

    介護報酬のしくみと考え方

    訪問看護の位置づけとしくみ

    診療報酬上の看護の評価の歴史

   10 医療政策が決まるしくみ

   11 医療政策の変遷

   12 医療政策の方向性と流れ

   13 在院日数の短縮・早期退院

   14 地域包括ケアシステム 

<第2章> 医療・介護サービスの評価の考え方

   15 診療報酬の算定と施設基準の考え方

   16 医療提供施設の種類と機能

   17 外来の診療報酬

   18 病棟の考え方

   19 入院基本料と看護配置、入院基本料等加算の考え方

   20 DPC,DPC/PDPSの考え方

   21 重症度・看護必要度の考え方

   22 医療安全対策の考え方

   23 感染防止対策の考え方

   24 手術点数の考え方

   25 処置点数の考え方

                他12項目


トップへ