図書だより

認知症の語り 本人と家族による200のエピソード

認知症の語り 本人と家族による200のエピソード イメージ
  • 発行日
    2016年6月
  • データ
    新書 624ページ
  • 出版社
    日本看護協会出版会

編集/認定NPO法人 健康と病の語りディペックス・ジャパン

第1部 認知症本人と家族介護者の語り

[認知症の診断]
 1 症状の始まり
 2 病院にかかる
 3 診断のための検査
 4 診断されたときの気持ち

 

[認知症の治療]
 1 薬物療法
 2 非薬物療法・リハビリ・代替療法

 

[認知症の症状とどうつきあうか]
 1 認知症のタイプと症状の違い
 2 認知機能の変化(記憶・時間・空間・言語など)
 3 心配の種(お金・火の元・運転・触法行為)
 4 日常生活の障害(排泄・食事・睡眠など)
 5 「徘徊」と呼ばれる行動
 6 対応に困る行動(不穏・暴力・妄想など)
 7 レビー小体型認知症に特徴的な症状(幻覚・替え玉妄想・認知機能の変動)

 

[認知症になるということ]
 1 認知症と向き合う本人の思い
 2 認知症本人の家族への思い
 3 病気であることを伝える
 4 病気と仕事のかかわり
 5 本人からのメッセージ

 

[介護者になるということ]
 1 介護者の心の葛藤(介護うつ、虐待に陥らないために)
 2 介護と自分の仕事のかかわり
 3 認知症の進行に伴う意思決定

 

[介護の実際と社会資源の活用]
 1 日々の暮らしを支える
 2 家族内の介護協力
 3 周囲からのサポート
 4 家族会・患者会に参加する
 5 介護サービスの利用
 6 経済的負担と公的な支援制度
 7 施設入所を決める

 

第2部 認知症本人と家族介護者の語りを医療・介護に生かすために

 1.「認知症本人と家族支援のためのWebサイト」プロジェクト
 2. 医療とナラティブ
 3.「健康と病いの語りデータベース」について


トップへ