図書だより

認知症予防のための回想法 看護・介護に活かすアプローチ

認知症予防のための回想法 看護・介護に活かすアプローチ イメージ
  • 発行日
    2013年12月
  • データ
    B5判 96頁
  • 出版社
    日本看護協会出版会

編著/鈴木正典(出雲市民病院麻酔科 部長)

第1部 イントロダクション:地域での看護・介護に活かす回想法
1 回想法の意義と期待される効果
2 地域での看護・介護に活かす回想法
3 回想法実践:特に気をつけたいポイント
コラム 実践してみて:こんなとき,どうする?
4 回想法実践後の高齢者の変化を知るための方法
5 目的に応じた回想法の活用
コラム 「ふれあい・いきいきサロン」からのヒント

 

第2部 回想法実践①:心をひらくコミュニケーションのコツ
1 コミュニケーションの基本スキル 解説
実践 写真1『遠足』
2 聴く力と話す力 解説
実践 写真2『メンコ』
3 長期記憶と短期記憶 解説
実践 写真3『新しい服』
4 男女の特性:いくつになっても男と女 解説
実践 写真4『川遊び』

 

第3部 回想法実践②:グループ回想法運営のコツ
5 写真の選び方(その1) 解説
実践 写真5『紙芝居』
6 写真の選び方(その2) 解説
実践 写真6『味噌づくり』(組写真で語る)
7 シナリオを創造する:想像と創造 解説
実践 写真7『散髪』
8 個人回想と時代回想 解説
実践 写真8『出会ったふたり』
9 回想法は三題噺 解説
実践 写真9『牛は見ていた』
10 とんちの効用:笑いは成功のバロメーター 解説
実践 写真10『露天商』
11 ロールプレイや寸劇で楽しく 解説
実践 写真11『縁側の行商』
12 歌の効用 解説
実践 写真12『農家の夕食』

他5項目

 

■別冊写真集 思い出が蘇る懐かしい昭和の写真


トップへ