図書だより

TeamSTEPPS®を活用したヒューマンエラー防止策 SBARを中心とした医療安全のコミュニケーションツール

TeamSTEPPS®を活用したヒューマンエラー防止策 SBARを中心とした医療安全のコミュニケーションツール イメージ
  • 発行日
    2017年9月
  • データ
    B5判 200ページ
  • 出版社
    日本看護協会出版会

編著/東京慈恵会医科大学附属病院看護部・医療安全管理部

1章 協働におけるチームワーク改善のための取り組み 
1 SBARとチームステップスの導入の経緯と医療安全への効果            
2 チームステップスと日本の組織文化  

 

2章 チームステップスでノンテクニカルスキルを高め、アサーティブコミュニケーションを実践しよう!       
1 安全性向上のためのチーム医療とは  
2 チームステップスとは  
3 医療を行うチーム構成とチームワークを良好にするコアスキル  
4 チームステップスで示されるコミュニケーションツールでノンテクニカルスキルの向上とアサーティブな環境形成を   

 

3章 主なコミュニケーションツールの考え方と事例   
1 7つのコミュニケーションツールの概要 
2 7つのコミュニケーションツールを用いた応答事例 
① SBAR        
② コールアウト     
③ ハンドオフ     
④ チェックバック       
⑤ クロスモニタリング   
⑥ 2チャレンジルール   
⑦ CUS           
3 7つのコミュニケーションツールを用いた患者・家族をまじえた応答事例  
  

4章 医療現場におけるSBARの活用 
1 SBAR導入のプロセスと活用  
2 症状別SBARシートの作成とその意義    
3 SBARシートの活用事例  
①吐血・下血した患者/消化器内科病棟     
②術後の腹痛/消化器外科病棟         
③発熱/腫瘍・血液内科病棟          
④動悸/循環器内科外来            
⑤けいれん・てんかん/脳神経外科病棟     
⑥けいれん/小児科病棟            
⑦呼吸困難感/整形外科病棟          
⑧院内転倒・転落時/救急部          

 

5章 研修でコミュニケーションスキルを磨こう!    
1 やってみよう! チームステップス   
2 患者急変時のフィジカルアセスメントSBAR-C(エスバーク)シートの活用           
①胸痛     
②胸痛 事例 
③呼吸困難    
④呼吸困難 事例  
⑤意識障害 
⑥意識障害 事例 
⑦腹痛 
⑧腹痛 事例
3 新人看護師研修での活用 SBARを学びフィジカルアセスメント力を鍛える
4 感染対策におけるSBARとクロスモニタリングの活用


トップへ