看護の日・看護週間

21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、助け合いの心を、広く国民が分かち合うことが必要です。このことを、老若男女を問わずだれでも認識するきっかけとなるように、厚生省(現厚生労働省)により「看護の日」が制定されました。

看護の日・看護週間とは

  • 看護週間
    毎年5月12日を含む日曜日から土曜日までの1週間
  • メインテーマ
    5月12日は看護の日 看護の心をみんなの心に
  • 由来
    近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲール生誕の日にちなみ5月12日に制定されました

記念行事

平成29年度「看護フェア」情報
今年は県内各地区で「看護フェア」を開催します。

東部 とりぎん文化会館(展示室) 5月13日(土) 12:30〜15:30
中部 未定 5月6日(土) 10:00〜12:00
西部 米子しんまち天満屋 5月14日(日) 13:00〜15:00(予定)

各会場で、看護職による健康相談や、看護職への進路相談、記念グッズの配布などを予定しています。
みなさまどうぞお気軽におこしください。
詳細については、こちらのファイルをご参照ください → 看護フェアチラシ


トップへ