在宅ケア 訪問看護ステーションだより

=訪問看護ステーションだより 2017年度 vol.1=

平成29年度を迎えて早2カ月が経とうとしています。

鳥取県看護協会訪問看護ステーションでは、2月と5月には新しくスタッフ(訪問看護師)を迎え、4月には作業療法士が産休へ(5/21に無事男児を出産しました。)、そして5月に異動で事務スタッフを迎え・・・
めまぐるしく風が吹き続けています。
このコーナーの担当である私(事務スタッフ)も、昨年の今頃は全く畑違いの業種から転職してきたばかりで不安と緊張の毎日でした。
でもステーションの明るく前向きなスタッフの皆さんのおかげでなんとか無事一年が経ちました。

これからは私も迎える側。
事務スタッフとして少しでも看護師さんや同じ事務スタッフの助けとなれるよう、ステーションの明るい雰囲気の一部分となれるよう、頑張っていきたいと思っています。

———————————————————————————–

■■ステーション所長交代のお知らせ■■

平成29年5月1日付で下記のようにステーション所長が交代いたしましたのでお知らせいたします。

 (鳥取県看護協会訪問看護ステーション 旧所長)鈴木 妙

 (鳥取県看護協会訪問看護ステーション 新所長)坂本 万理

鈴木は平成29年4月1日開設の鳥取県訪問看護支援センター所長と兼務しておりましたが、在宅支援部長 兼 支援センター所長ということになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

———————————————————————————–

■■新卒訪問看護師育成プログラム 2年目■■

昨年度からスタートした新卒の看護師を訪問看護師に育成するプログラムが2年目に入りました。
昨年の今頃は不安いっぱいな表情でしたが、1人で利用者様宅へ伺うことも慣れてきて、孫のような年の彼女が来るのを楽しみにして下さっている利用者様もあるようです。
この春からは緊急待機当番も始まり、先輩看護師に同行してもらいながら、いろいろな経験を積んでいます。

本年度は別のステーションでも新卒看護師が訪問看護師としての第一歩を踏み出したとのことで、“先輩”としての生活もスタートしました。
鳥取県での新卒訪問看護師第一号ということでいろいろ切り拓いていくことになると思いますが、これからもどんどん悩みながら少しずつ成長していく姿を見守っていきたいと思います。

———————————————————————————–

■■ステーションスタッフです。■■

  

 

 

 

 

 

所長以下訪問看護師13名、作業療法士1名(産休中)、看護補助者1名、事務スタッフ3名で毎日頑張っています。
笑いの絶えない明るいステーションです。

用瀬サテライトも、毎日ではないですが少しずつ稼働しています。
用瀬の皆さん、よろしくお願いいたします。

今年度もよろしくお願いいたします!

 

 

———————————————————————————–

[鳥取県看護協会訪問看護ステーション]

[鳥取県訪問看護支援センター]

一般の方へ コンテンツ

トップへ