研修・講習

研修理念

教育理念

鳥取県看護協会は、継続教育の体系化を図り、看護職のキャリア開発と自律を支援することにより、職業倫理と資質の向上に努め、県民の健康と福祉の増進に寄与する。

教育目的

看護専門職として人間の生命の尊厳と権利を尊重し、変容する社会のニーズに対応し、幅広く質の高い看護サービスの向上に貢献することを目的とする。

教育目標

  • 保健・医療・福祉のニーズに対応できる能力を高める。
  • 倫理観を持ち、看護の専門領域の知識・技術を深め、看護実践が展開できる能力を高める。
  • 職場の組織活動を理解し、リーダーシップ・メンバーシップが発揮できる能力を高める。
  • 研究的・科学的思考ができる能力を高める。
  • 看護におけるマネジメント能力を育成する。
  • チーム医療のコーディネートができる能力を育成する。

平成29年度教育基本方針

専門職業人として看護職に必要な能力の全体像

説明責任 自己の責任と能力を的確に認識し、実践した看護について個人として責任をもつ。
倫理的実践 人間の生命、人間としての尊厳および権利を尊重し、看護者の倫理綱領に基づいて看護を実践する。
法的実践 医療法、保健師助産師看護師法に基づき、日本看護協会のガイドラインに沿って実践を行う。
看護の主要原則 専門的知識に基づく判断を行い、系統的アプローチを通して個別的な実践を行う。
看護の提供
アセスメント 看護過程を展開するために必要な情報の収集・分析と健康問題の判断を行う。
計画 看護上の問題の明確化と解決のための方策を提示し、問題解決のための方策を選択する。
介入 利用者へのインフォームドコンセント、直接的看護方法・相談・教育を実施する。
評価 実施した看護の事実に即した記録作成、実施した看護の評価、計画の修正・再構成を行う。
コミュニケーションと
対人関係
対象となる人々に対して、適切なコミュニケーションと対人関係技術によって治療的関係を築く。
健康増進 すべての人々を対象として身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態に達するために、個人や集団が自己の目標を確認・実現し、ニーズを満たし、環境を改善し、環境に対処できるよう援助する。
ケアマネジメント
安全環境 対象となる人々へ安全な看護を提供し、人々が危機的状況にさらされているときは、保護し安全を確保する。
専門職種間の協働 他の看護者および保健医療福祉関係者とともに協働して看護を提供する。
委任と管理 他の看護職及び保健医療福祉関係者に委譲する場合には、自己および相手の能力と実践可能範囲内の活動を正しく判断し、委任し管理する。
専門性の強化 研究や実践を通して、専門的知識・技術の創造と開発に努め、看護学の発展に寄与する。
質の向上 看護業務の質を評価する際に、妥当性のある根拠を用いて、質の向上のための取り組みに参加する。
継続教育 常に、個人の責任として継続が学習による能力の維持・開発に努める

受講者の看護実践能力に応じた学習段階設定

指導や教育のもとで、基本的な看護を安全に実践できる。
指導を受けることにより自己の学習課題を見つけることができる。
看護実践の場面において単独で看護を提供できる。
チームリーダー的役割や責務を認識し遂行できる。
自己の学習課題に向けた学習活動を展開できる。
高度な看護活動を実践でき、かつ他者にモデルを示すことができる。
自己の学習活動に積極的に取り組むのみならず、指導的役割を発揮できる。
論理的かつ実践的知識を統合して、卓越した看護を実践し、所属を超えてリーダーシップを発揮できる。
自己の学習活動はもとより組織的な教育・研究活動を主体的に実践できる。

領域別行動目標

1. 新人教育
  • 看護協会の目的と活動内容を知り、専門職業人としての責任と役割がわかる。
  • 看護を安全に提供するための基礎的な知識・技術を習得することができる。
  • 倫理的判断にもとづく看護を実践することができる。
2. ジェネラリストを育成する教育
  • 組織的役割遂行のためにリーダーシップ・メンバーシップの役割が発揮できる。
  • 最新の知識と技術を活用し、根拠に基づく看護の実践が提供できる。
  • 職能としての専門性を発揮し看護の実践ができる。
  • 保健医療福祉の現場で働く関係職種の活動を理解し、連携を図ることができる。
  • 看護実践に必要な最新の関係法規を理解する。
3. 管理者を育成する教育
  • 組織的アプローチによる看護実践のために必要な看護管理過程を修得する。
  • 看護を提供するための組織化と経営的視点がわかる。
  • 看護サービス提供上の諸問題を客観的に分析することができる。
  • 社会の変化に対応するために必要な看護の動向と政策を知る。
4. 教育者・研究者を育成する教育
  • 継続教育の意義を学び、教育計画の立案能力と指導方法を習得する。
  • 看護の現場に適応を支援するために指導体制と環境が整えることができる。
  • 看護実践者と看護教育者が協働して人材育成に携われる体制を整えることができる。
5. 看護研究学会
  • 看護研究の発表や参加を通して、成果の共有化と看護研究レベルの向上を図る。
6. 関連団体との研修等
  • 協働して看護を実践するために、人々の看護への関心を高める。
  • 政策的アプローチによる看護の役割拡大と看護師の人材確保の推進を図る。
  • 一般の人々への講習の機会を通じて、専門的な情報や知識を提供して地域に貢献する。

平成29年度 教育計画の位置づけ

(目的)
定款第3条

本会は公益社団法人日本看護協会との連携を密にし、保健師、助産師、看護師及び准看護師が教育と研鑽に根ざした専門性に基づき看護の質の向上を図るとともに、安心して働き続けられる環境づくりを推進し、あわせて人々のニーズにこたえる看護領域の拡大・展開を図る事業を行い、人々の健康とその人らしい健康な生活の実現に寄与することを目的とする

(事業)
定款第4条

  • 教育等看護の質の向上
  • 看護職の労働環境等の改善及び福祉の向上
  • 人々の健康及び福祉の増進
  • 看護業務の拡大、看護制度の改善
  • 学術研究の振興
  • その他本会の目的を達成

平成29年度
重点政策・重点事業

  • 地域包括ケアにおける看護提供体制の構築
  • 看護職の労働環境の整備の推進
  • 看護職の役割拡大の推進と人材育成
  • 看護基礎教育制度改革の推進
  • 公益社団法人としての組織強化と確立
鳥取県の施策
(5疾患6事業、安全で安心な生活等)

〈教育計画基本方針〉
看護の質向上のために、重点政策・重点事業、鳥取県の施策等と連動した研修の実施及び本協会と連携し看護の専門職業人としてのキャリア開発を支援する

  • 重点課題
    • 地域包括ケアシステムの構築
    • 認知症の医療・看護
    • ワーク・ライフ・バランス推進
    • 新人看護職員研修支援事業の推進
    • 鳥取県の保健医療福祉の動向と看護に関する重要施策
  • 職能としての専門性を発揮する研修
  • 日本看護協会や鳥取県等と連携した研修
  • 学術研究
  • 5疾患6事業に関連した県の施策等に連動した研修
    5疾患:がん 糖尿病 脳卒中 急性心筋梗塞 精神疾患
    6事業:救急医療 災害時の医療 へき地医療 周産期医療 小児医療 在宅医療
教育的評価:受講者数 受講者のアンケート結果
事業評価:収支バランス 関係機関との意見交換 等
  • 新人教育
  • ジェネラリストを育成する教育
  • 管理者を育成する教育
  • 教育者・研究者を育成する教育
  • 看護研究学会
  • 受託事業研修
  • 関連団体との関連研修等

トップへ