研修・講習

教育研修

ジェネラリストを育成する教育

研修番号 48
研修テーマ

【公開講座】

多職種で支える小児在宅療養

こどもと家族が在宅で安心して暮らすために

開催日時 12/2(日) 13:00~16:00
申込期間 9/1(土)〜9/30(日)
受講料支払期限 10/31(水)※「コンビニ払込取扱票」の支払期限をご参照ください。
※払込期限までにお支払いがない場合は受講不可となります。
ねらい 鳥取県における小児在宅療養の現状を知り、関係職種の役割と多職種連携の実際を知る
内容 ①県内の小児在宅療養の現状、小児在宅支援センターの役割
②総合療育センターの役割、重症心身障害看護師の取り組み、多職種連携の実際
③訪問看護ステーションの役割と多職種連携の実際
④相談支援専門員の役割と多職種連携の実際
講師 鳥取大学医学部附属病院 小児在宅支援センター 特命准教授 玉崎 章子
鳥取県立総合療育センター 重症心身障害看護師 木村 弘子
鳥取県看護協会訪問看護ステーション 所長 坂本 万理
障害者生活支援センターすてっぷ 相談支援専門員 小林 健介
会場 倉吉未来中心 小ホール (地図)
対象者 医療従事者 / 一般 定員 なし
受講料 無料 段階設定 なし
担当委員会 教育委員会
備考 なし

教育研修一覧へ戻る

研修一覧へ戻る


トップへ