研修・講習

教育研修

ジェネラリストを育成する教育

※この研修は募集前です。

研修番号 31
研修テーマ

助産師資質向上支援事業

【就業助産師研修】鳥取県周産期災害対策

周産期医療に関わる県内看護 職としてどう備え、どう対応すべきか

開催日時 9/21(土) 10:00〜16:00
申込期間 7/1(月) 〜 7/20(土)
ねらい 災害時要支援者である妊産褥婦・新生児を対象とする分娩取扱い施設の災害対策と施設間・他職種連携について学び、マニュアル整備や各施設での訓練、いざという場合に必要な支援について考え実践する
内容 ① 鳥取県の災害時医療体制における対策と課題、看護職に期待すること
② 災害発生時対応マニュアルの理解と作成のポイント
③ 妊産褥婦、スタッフへの意識づけと教育
④ 地域・他職種との連携
⑤ 机上シミュレーション
講師 鳥取県福祉保健部 医療政策課、大阪母子医療センター 副看護部長
大阪府看護協会 助産師職能委員長 宮川 祐三子
会場 鳥取県看護研修センター (地図
対象者 看護職/看護管理者を含む 定員 なし
受講料 無料 段階設定 なし
担当委員会 助産師職能委員会
備考 専門的自立能力:管理「安全」「リーダーシップ」(新人〜Ⅲ)

トップへ